発達障害のまとめ

発達障害についてまとめています

ADHDの症状

ADHDは注意欠陥障害またはADDとして知られています。

1994年にはADHDと改名され、3つのサブタイプに分類され、それぞれに独自の行動パターンがあります。
パターンに当てはまらなくてADHDの場合もあります。診断には医療施設への診察が不可欠です。

1.脇見型

兆候は次のとおりです。

  • 細部に注意を払うことの困難や学業やその他の活動に不注意な誤りを引き起こす傾向
  • 仕事や遊びに集中することが難しい
  • 明らかな聞き取りの問題
  • 指示に従うのが難しい
  • 組織の問題
  • 精神的な努力が必要な作業の回避または嫌悪
  • 玩具、手帳、宿題のようなものを失う傾向
  • 日常活動における忘れもの


2.過活動性衝動型

  • 勘違いで激昂する
  • 座っているのが難しい
  • 過度の運動
  • 静かに遊ぶのが難しい
  • いつも外に遊びに行ってしまう
  • 過度のおしゃべり
  • 質問を最後まで聞くことができない
  • 順番を待つのが難しい


3.複合型

他の2つの型の組み合わせが最も一般的です

 

ADHDで子供を育てるのは難しいかもしれませんが、 目的を覚えておくことが重要です。そして彼らは薬や行動療法なしで彼らの行動を制御するのが難しいです。

広告を非表示にする