発達障害のまとめ

発達障害についてまとめています

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群とは

一般的に、順序だったもの、規則的なものはアスペルガーの人を魅了する。

その子供時代に細かな運動能力に遅れをみせる事が多々ある。

そして、彼らはちょくちょくアイコンタクトが困難である。

結果的に持つべき水準からかけ離れた観念を持って行動してしまう危険性がある。

この能力が自閉症の人には欠けており、他者の心を読む事が難しい。

彼らが苦手なものは「他人の情緒を認識する事」である。

一方で米国精神医学会は、神経発達症のひとつであり連続モデルであるとしている。

アスペルガー症候群」という一つのカテゴリーであっても、人によって障害の度合いは千差万別である。

これは、自身の興味のある方面に関しては他人に比べてはるかに優秀である事が誰の目にも明らかなのに、毎日の宿題にはやる気を見せないからである。

アスペルガーの児童および成人は、自身の興味のない分野にそれに対しの忍耐力が弱い場合が多い。

アスペルガーの人は感覚的に多くの負荷がかかっている事がある。

ASは自閉スペクトラム症の一つの型であるとされる。

アスペルガー症候群アスペルガー障害とは、知的障害を伴わないものの、興味・コミュニケーションについて特異性が認められる、ヒトの発達における障害。

そのような、仕草や状況を読み取れない人は他人が微笑むようすを見ることはできても、その微笑みがなにをニュアンスしているかが理解できない。

一方、学業において他人に勝つ事に興味を持ったために優秀な成績を取る人もおり、これは診断の困難さを増す。

そのためDSM-5改定においてはASの所見名が削除され、代わりに自閉スペクトラム症の深刻度にて記載するようになった。

成長の上で問題となるのは、父母や教師が励ますつもりで「テストの点数など、さほど大事ではない」等、きれい事ばかり言ったり、逆に「テストで点数を取れなければ、何も買いあたえない」等、現実的な事ばかり言い聞かせる事、つまり極端な教育をする事である。

しかも、高機能自閉症とASが、どの程度重複しているかは不明である。

睡眠障害は、一度なるとどんどん悪化してしまう傾向があり、難治性であるために、睡眠障害を起こさないように就寝や起床の時を規則正しく生活する事が必須であるとともに、症状が見られた場合は早急に治療をすることが不可欠である。

特定のフィールドへの強いこだわりを示し、運動機能の軽度な障害が見られたりすることもある。

これらのことは子供ご時世や、大人になってからも多くの問題をもたらす。

アスペルガーの人は、多くの非アスペルガーの人と同様か、またはそれ以上に強く感情の反応をするが、何に対して反応するかは常に違う。

生じて原因は不明である。

睡眠外来で診てもらう時は、アスペルガーなどの発達障害をもっていることを申告することが望ましいだろう。

しかし、彼らはボディーランゲージなどを通して相手に伝えることはできるである。

自身が過去から連綿と続いている影響であるという認識を持つことが出来ず、中庸の腹積もりを持たない為、極端で観念的な思考に走りやすい傾向がある。

別の行動の特色として、やまびこのように、言い回しやその部分を繰り返す反響言語と呼ばれる症状を示す場合がある。

この事は学校などで学習上の大きな障害となる。

例えば、初対面の人に挨拶をする際に、社会的に受け入れられている通常の工程で自己紹介をするのではなく、自分の関心のある分野について一人で長々と話し続けることもある。

突然のアクシデントや、論理的に話し合いのできない感情的な人間なども、その例である。

放っておくとうつ病強迫性障害といった二次障害になる事があるとの指摘もある。

とはいえ、この種のアビリティー差は、健常者から深刻な障害をかかえるケースにまでわたってスペクトラム状に分布している。

定期的の睡眠は、脳を片付け・形成する働きを持っており、脳の働きや思考メカニズムが定型発達者とは異なるアスペルガー症候群の事例、睡眠障害は非常に起こしやすい二次障害である。

アスペルガーの子供はちょくちょく学校でのいじめの対象になりやすいとの指摘がある。

精神に混乱をきたし、自身の世界に引きこもる、その混乱を周囲に対する怒りに置き換える、などの性質を見せる。

学生ご時世、「相当優秀な劣等生」と認識された人も多々ある。

もち味的なゆらゆら歩きや小刻みな歩き方をし、腕を不自然に振りながら歩くかもしれない。

ほとんどアイコンタクトをせず、それをドギマギするものだと感じる時が多い。

例えば、教師が生徒にいきなり答えさせ、生徒:「これは○○だと思います」、先生:「違うよね、これは××だよ」というように、否定して答えやヒントを教えるようなメソッドは、アスペルガーの人には相当な苦しみやストレスとなる。

けれども、これらの対象への興味は、一般的な娘も持つものである。

これらへの興味が物質的あるいは社会的に有用な仕事と結びついた時、実り豊かな一生を送る可能性もある。

例を挙げるとWingとGillbergはアスペルガーの人が持つ知識はたびたび汲み取るに根付いた知識よりも表層だけの知識の方が多い場合がある、と主張している。

これが娘の場合、教室の騒音が彼らに耐えられないものである場合等、学校での問題をさらに複雑にすることもある。

睡眠障害といっても、ナルコレプシー睡眠時無呼吸症候群などの先天的な障害ではなく、睡眠相後退症候群や非24時睡眠覚醒症候群などの概日リズム睡眠障害不眠症、過眠症などの後天的な障害の事である。

臨床家屋の中には、アスペルガーの人がこれらのもち味を有することに全面的には賛成しない者もいる。

どっちの場合でも、ある時点では通常1〜2個の対象に強い関心を持っている。

手をぶらぶら振るなど、衝動的な指、手、腕の動きもしばしば認められ、チック症を併発しているケースも多い。

彼らに対し、前述の言動やアスペルガー症候群という病自体が把握できず、アスペルガー症候群患者に対する嫌悪感を持つ人が多々あるとされている。

上記の例のように、アスペルガーをもつ息子は、言われた事を額面どおり真に受ける事が多々ある。

この時、教師に自らは犬を飼っておらず、当たり前犬は紙を食べない事を説明する必要があるのか如何にかを考え、教師の表情や声のトーンから暗に意味していることを理解できないのである。

一例を挙げれば、突然大きい声でまくしたてられたり、頭を触られたり、髪を触られるのを好まない人もいる。

他にも、卒なく話せず、そこまでしてもよい友人に巡り会えたから本気で耐えているというように、自閉度が中度?重度な事もある。

その一方で、他人にとって不快に感じるくらいに、じっとその人の目を見つめてしまうようなタイプもいる。

アスペルガーの人は他の様々な感覚、発達、あるいは生理的異常を示すこともある。

彼らは、“アダルトの発言には掛け値がある”という疑いを持ちにくく、持ったとしても、はたして掛け値がどのくらいなのかを慮ることが困難であるため、発言者の願望を載せて物事を大げさに表現すると狙った効果は効き過ぎることになる。

他人に自分の主張を否定される事に強く嫌悪感を覚えるという人もいる。

自閉症の人は、他者の仕草や雰囲気から多くの情報を集め、相手の感情や認知の状態を読み取ることが可能な。

両者の違いは、その異常なまでの関心の強さにある。

アスペルガー児は関心対象に関連する大量の情報を記憶する事がある。

ワールドワイド保健組織、アメリカ合衆国、日本国などにおける公的な文書では、自閉症とは区別して取り扱われる。

例として、教師がアスペルガーをもつ子供に「犬があなたの宿題を食べちゃったの?」と尋ねると、その子は押し黙ってしまう。

それらと逆に、予想不可能なもの、不合理なものはアスペルガーの人が避ける対象となる。

多くのケース、彼らにとって「行間を読む」ことは、困難ないし無理である。

その13歳の患者は、自分の関心を持つ分野に網羅的かつ微細な、大学教授のような知識を持っていたからである。

第一にICD-10DSM-5では、分類体系が一致していない事に留意すべきである。

ノートやテスト用紙に文字を手書きすることを、快く思う子供、またそうでない我が子もいる。

けれども、多くの成人は、忍耐力のなさと動機の欠如などを克服し、新しい活動や新しい人に会う事に対する耐性を発達させている。

音にナーバス過ぎて不眠を訴える人も多い。

理由として彼ら独特の振るまいや言葉使い、興味対象、身なり、しかも彼らの非言語的メッセージを受け取る能力の低さを持っている事が主な原因とされる。

効果が示されたと広く支持される治療法はない。

世界保健機関は現在のICD-10において、広汎性発達障害のひとつであり、自閉スペクトラム症の一種であると分類している。

宮尾益知はアスペルガー症候群の感覚面でのポイントとして、「ちょっとした態度や会話で著しく傷つき、それが心的外傷となりやすい」「幻覚や妄想じみたこだわりを見せる傾向がある」「過去のトラウマから、第三者にとってはちょっとしたことでもフラッシュバックを起こして大騒ぎをする」「大変まじめで、それゆえに壊れやすい」という見解を出している。

最悪の場合、対人コミュニケーションにおいて、表情を読みとることができない。

オーストリアの小児科医のハンス・アスペルガーにちなんでつけられた。

例を挙げると、学校の友人とうまく話せたり、話をうまくまとめられるなど、至って軽いな場合もある。

例えば、1950年代のプロレスや、アフリカ独裁政権の国歌、マッチ棒で模型をつくる事など、社会一般の興味やはやるにかかわらず、独自的な関心を抱く時が見られる。

例えば、コンピューターに強い興味を持って取りつかれた子供は、大きくなって卓越したプログラマーになるかもしれない。

トラブル妄想、対人恐怖などを起こすこともあり、統合失調症と誤解されるような病的な精神状態になってしまうこともある。

しかし、古典的自閉症に見られるような知的障害および言語障害はない。

つまり、人が口に出して言語で言わなければ意図している事が何かを認識できないのである。

この障害は、カナータイプの自閉症などと違い、一見「定型発達者」に見えるために、周囲からのサポートが遅れがちになったりする事が問題となっている。

アスペルガー症候群は、興味の対象に対して、きわめて強い、偏執的ともいえる水準での集中を伴う事がある。

このため教育の場である学校において、今後はアフターケアシステムの確立や自立の支援、他の子供への理解を深めさせる、といった総合的な支援策が必要になるという指摘がある。

そして、日本で唯一「我が子の睡眠と発達医療センター」を設置している兵庫県リハビリテーション中央病院の三池輝久ドクターは、「幼児期の睡眠こそが、潜在している発達障害の発症を左右させる原因である。

しかし、このような限定はGillbergの見立てスタンダードを用いる場合であっても、診断とは無関係である。

したがって、アスペルガー症候群に分類される場合においても、表情や他人の意図を読み取ることに不自由のない人もいる。

」との、全く逆の展開も発表している。

アスペルガー症候群の人間は、それ以外の人々がモラトリアムを経由して入手可能なと言われる「自我同一性」の獲得が困難とされる。

彼らの関心は生涯にわたることもあるが、いつしか突然異なるケースもある。

最近では、アスペルガー症候群を含む発達障害睡眠障害との関連性が発見されてきた。

これらの関心を追求する過程で、彼らはしばしば大いに洗練された知性、おおかた頑固偏屈とも言える集中力、一見些細に見える事実に対する膨大な記憶力などを示す。

アイコンタクトなどにおいて、相手から発せられるメッセージを習得しようと努力しても、この障害のために相手の心を解読しそこねることが多々ある。

音、匂いに敏感だったり、あるいは接触されることを好まなかったりする。

ハンス・アスペルガーは、彼の幼い患者を『小さな教授』と呼んでいた。

教師がこの子は宿題の事をうやむやにしようとしている、反抗的である、と考慮したりしてしまう場合もある。