発達障害のまとめ

発達障害についてまとめています

自閉スペクトラム症

自閉スペクトラム症とは

薬物は中核的症状ではなく、周辺症状の管理に用いられる。

原因については現時点では脳機能の変異とされているが、両親の育児実力は関係しないと判明している。

程度によっては重い自閉症と呼ばれる場合がある。

治療のゴールは、中核症状および関連症状を最小化し、他にも患者のQOLをマックス化し患者世帯のストレスを軽減する事に置かれる。

1歳時前後から明確とポイントは現れるものの、健康状態には問題はないという。

多くの要因となる遺伝子がY染色体上にある見込みが指摘されている。

アジア、欧州、北米のリサーチによれば有病率は1%ほどで、韓国では2.6%と報告されている。

知的に遅れのあるはわりと未熟児の割合に多い。

またASD児童のうち45〜60%は知的障害を、11〜39%はてんかんを併発している。

かつてのDSM-IV-TRにおける自閉性障害、アスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害、小児期崩壊性障害などの各疾患は、DSM-5においてはASDを用いて再定義された。

また知的障害とてんかんには相関性が見られ、知的障害のないASD児童のてんかん有病率は6-8%であるが、知的障害のあるASD児童では42%に上る。

中核症状と、周辺症状に分かれる。

米国疾病予防管理センターのAutismandDevelopmentalDisabilitiesMonitoringNetworkによれば、およそ68人に1人がASDであると確認されている。

そのため、ICD-10で用いられている広汎性発達障害などの分類体系などとは一致しない。

他に遺伝的要因などが考えられているが、現在研究が進められている。

自閉症全体の割合でも半数以上を占めているという。

生活年齢に明確と遅れがある。

原因について、心理社会的要因は今現在では明確に否定されており、子供の世話のスキルは要因ではない。

とはいえ、自閉症の女子には男性とは違うもち味があり、心身症統合失調症と誤診される時も多い。

自閉スペクトラム自閉症連続体、自閉症スペクトルなどともいう。

近頃は折れ線型自閉症も注目化されている。

ASDは他の神経発達症と同じく、俗には治療法は影響せず、一生続き、治療より療育や支援に重きが置かれる。

典型的には生後2年以内に明らかになる。

但し、他の病気や障害を抱えて生まれる確率も高まるため、自閉スペクトラム症だけ高まるという誤解をしてはいけない。

こだわりの要因がとても強く、様々な病気を引き起こすことがよく知られる。

状態の変化を嫌ってパニックを起こす事が絶え間ない事もある。

早期に行動療法を行う事が最も予後が良い。

男児では42人に1人、女児では189人に1人と、男性に5倍多い。

一般的に良く知られてるのは高パフォーマンス自閉症であるが、男性の割合がとても多いとされる。

性差は男児において女児よりも4倍とされる。

平均的知能指数を達しているケースが多々ある。

ASDは、人種、民族、社会集団によらず見定めされている。

典型的には生後2年以内に明らかになる。

英国国立医療技術評価機構は、ASD中核症状の管理を目的として、抗てんかん薬、キレーション療法、食事療法、ビタミン・ミネラル投与、オキシトシン、セクレチン、テストステロン、高圧酸素療法、抗精神病薬を行ってはならない、そして抗うつ薬を日常的に使用してはならないとしている。

生後18か月以内でも一つも言葉を喋らない時、ASDの懸念を持つであろう。

自閉スペクトラム症とは、精神障害の見立てと統計マニュアル第5版における、多彩な神経発達症の分類である。

完治する治療法はない。

ASDの診断基準は「社会的コミュニケーションの障害」と「限定された関心」の2つを満たすとDSM-5では定められている。

また言語障害や肢体不自由を伴うケースがある。

老年期の両親の出産は、娘がASDとなるリスクが高い。

有病率は0.65〜1%とされる。

ASDの子供を持つ両親は、次の子供もASDがある確率が2-18%である。

 

広告を非表示にする